ピタゴラ装置が作れる欧風積み木


null   

 

 

 

↑Scalino(スカリーノ)

今日は4連休最後の日でした。

アメリカ生活もあと残すところ1ヶ月を切ったので最後に旅行にでも、、、と思っていたのですが、風邪でダウン。前半2日は殆ど何も出来なかったです。ていうか、まだ治りません。

でも、日本に持ち帰らない物を引越し前に売りさばかなきゃならないので、ネットを使って不用品の叩き売りをひたすらやってました。かなりの数の品物が売れました。まだプリウスが売れてないけど。。。

と同時に、ちょうどサンクスギビングセールの季節ですし、出歩かずにオンラインショッピングに明け暮れてました。アメリカで買ったほうが断然安いものを買いまくりです(^^;。
でも結局天体望遠鏡は買いませんでしたが。。。

そして今迷ってるのが、ピタゴラ装置が作れる積み木です。

 

null

↑Cuboro(キュボロ?、クボロ?)

これ、ただの積み木じゃなくて、ビー玉が通る穴や道が開いていて、自由に組み合わせてビー玉が通る迷路を作れるスグレモノです。

対象年齢が4歳~なので、子供がある程度大きくなったら絶対にゲットするぞ、、、と思っていたのですが、いつの間にか上の子も5歳になり、適齢期になって ました。 下の子にはまだちょっと早いけど、これ、アメリカで買ったほうが圧倒的に安いので、今回買って帰りたいんです。(ヨーロッパ産なので多分ヨーロッパで買っ たほうが安いと思うけど)。何せ積み木の分際で価格が万単位・・・。

でもやっぱり木のおもちゃには任天堂DS等のゲームにはない暖か味があるし、小さいうちになるべくその感触を憶えてもらいたいので是非とも入手したいのです。

とかいいながら、実は一番遊びたいのは自分だったりするのですが(笑)。

実際、Cuboroはちょっと難易度が高めで、5~6歳にならないと面白みが分からないらしいのですが、逆に大人がはまってしまうくらい良くできているらしいです。勿論、Scalinoにはまっている大人も沢山います(笑)。

あーどうしよう。。。
どっちを買うべきなんだろうか??
個人的にはCuboroの方が気になるんだけど。
あー迷う~~~
どっちも欲しいな(笑)

>>cuboroファンのページはこちら

1 Comment

  1. Pingback: Let’s家計簿☆ブログ » 右脳で遊ぶ!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です