二度とパナのLumixは買わないと誓ったんだが・・・


今を去ること6~7年前の事だと思いますが、パナソニックのなんチャラ7ってデジカメを買って大失敗(作りも悪いし、操作性も写りも最悪)したので、もう二度とパナソニックのLumixシリーズは買わないと心に誓ったのですが、、、

知人が購入したパナのマイクロ一眼「Lumix GF1」を触らせてもらって、5秒で即決しました。

↓買っちゃいました


というのも、かみさん用のデジカメとして大活躍していたFujiの名機「FinePix F30」ですが、写りはいまだに健在ですが、外装がハゲハゲになりつつあり、画素数的にも今となっては2~3世代遅れ。

そして、ムービーに至っては今のコンパクトデジカメと比べると雲泥の差で、ウチの場合は普段の動画はビデオカメラではなくてデジカメのムービー機能を使っているので、そろそろもっと綺麗な動画が取れるデジカメに換えようかと考えていたところだったので。

Lumix GF1はマイクロフォーサーズ機と呼ばれるデジタル一眼なのですが、大きさは普通の一眼レフとコンパクトカメラのちょうど半分位です。

今回はパンケーキレンズと呼ばれる比較的平べったいレンズを一緒に購入したのですが、比較するとこんな感じです。iPhone写真なのでちょっと見辛いですが。

コンパクト機よりは大きいので、最初、カミさんにはちょっと大きいかな、とも思ったのですが、カバンにも余裕で入るし、本人的にもまぁ許容範囲っぽかったのでゲットに踏み切りました。

まだあまり撮ってはいませんが、とにかく使い易いのが良いですね。
インテリジェントオートが結構賢いので、普段はオートで全然OKっぽいです。一眼ですが、今時のコンパクト機に搭載されている顔認識などの機能は一通りあります。

面白いのが、最大6人まで顔と名前、年齢を登録できて、例えば他の子供達との集合写真の時に、自分の子供に優先的にピントを合わせてくれたりします。

あと、年齢が低い場合は自動的に赤ちゃんが可愛く撮れるモードに切り替わるのですが、赤ちゃんモードは2つあります。たぶん、1歳まではモード1で、2歳以降は動きまわるのでシャッタースピードを自動的に上げる、とかそんな感じじゃないかと思います。スミマセン、ちゃんとマニュアルを読めば書いてあると思うのですが、読んでません(笑)。

さて、肝心の写真のクオリティは、
一眼レフ > GF1 >>> コンパクト機
ってとこでしょうか。

さすがに一眼レフには一歩及びませんが、コンパクト機とは比較にならない画質です。
特にポートレートや料理など、背景がとても綺麗にボケるので、雑誌に載るような雰囲気の写真が簡単に撮れます。これはコンパクト機には無理ですね。

また、今回のパンケーキレンズはかなり明るいので、暗い部屋でもフラッシュ無しで相当綺麗に撮れます。開放F値1.7の威力ですねー。

あと、動画がハイビジョンなのも嬉しいです。造りもしっかりしているし、デザインも飽きの来ないものなので、長く使えそうな気配です。

まぁ、使っていくうちに色々不満も出てくるとは思うのですが、とりあえず今のところはいい感じです。
何も考えなくても一眼クオリティの写真が撮れ、絞りやシャッタースピードなど、こだわろうと思えばとことんこだわれる、まさに素人からカメラオタクまで楽しめるカメラだと思います。
久しぶりに良いカメラに出会いました。

お買い求めはアマゾンで! >> Lumix GF1

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です